雨が続きますね☔

雨の日の運転は、視界が悪いだけではなく、路面が滑りやすくなっているため事故も多く晴天時よりも慎重に運転する必要があります。 調査によると、雨天時の時間当たりの事故件数は、晴天時と比較し、約5倍も高くなっているといわれています。 さらに、雨天時の夜間走行は視界が更に悪くなるため、深夜になると晴天時の約7倍も事故が発生しています。 雨の中でもっとも多いのは、スリップによる事故です。速度が高いまま、カーブに進入し、その結果として生じるスリップのほか、 ◦追い越し時の急加速による直線でのスリップ ◦轍の水たまりに進入した際にスリップ ◦濡れたマンホールの蓋を気にせず越えてスリップしたことはありませんか? さらに、雨天時の特徴として、歩行者を見落としたことによる事故も多発しています。 雨の日の夜間は、視界が悪いため、歩行者や自転車などの確認が遅れる傾向にあります。 衝突するまで気付かなかったというケースも多いといわれています。 雨天時の運転は、特に事故を起こさない・もらわない防衛運転をしましょう。

NEWSお知らせ

投稿日2016/02/16

有限会社 伊藤ボデー 様の掲載を開始しました。

投稿日2016/02/16

白山鈑装 様の掲載を開始いたしました。

投稿日2016/02/16

三浜自動車株式会社 様の掲載を開始しました。

お知らせ一覧へ

STAFFコラムSTAFFコラム

投稿日2016/03/07
image2

名古屋オートトレンド2015

投稿日2016/01/07
kurumakirei_012

謹賀新年 

投稿日2015/12/22
kurumakirei_

チェーン規制

コラム一覧へ
板金・塗装・修理工場をスマホからいつでもどこでもすぐに探せる♪
『車キレイ』の 公式facebook ページはこちら♪

SSLとは?