豆知識!!!

車の豆知識

<給油口の向きについて>

車の給油口は車種によって左右バラバラ。 セルフのガソリンスタンドなどで反対側へ止めちゃった人も多いのでは? 統一してくれたら間違えないで済むのに何で?

下の理由の中から正解を選んでください!

a……高熱になるマフラーの配管を避ける様に左右が決定しています。

b……特に理由は無く、生産工場のラインの向きで給油口の向きも決まります。

c……給油カバーも車のデザインの一部。デザイナーのこだわりで左右が決まっています。

<ヒント>ガソリンは引火性が高い燃料です。

気になる答えは……「a」! ガソリンは引火性が高く、取扱に注意が必要な燃料という事はみなさんもご存知だと思います。 そして車のマフラーは、エンジンの燃焼室から出された高音の排気ガスを配管を通して スムーズに外に出す役割を持っています。 (排気ガスの温度は最高900℃以上になる事も!) ですので、ガソリンタンクはマフラーの配管から離れた方へ取り付けられる……という訳です。

ちなみに、左側通行の日本では「マフラーの排気口は歩行者から遠い方が望ましい」という 理由で、配管が右側=給油口が左側、という場合も多いそうです。

NEWSお知らせ

投稿日2016/02/16

有限会社 伊藤ボデー 様の掲載を開始しました。

投稿日2016/02/16

白山鈑装 様の掲載を開始いたしました。

投稿日2016/02/16

三浜自動車株式会社 様の掲載を開始しました。

お知らせ一覧へ

STAFFコラムSTAFFコラム

投稿日2016/03/07
image2

名古屋オートトレンド2015

投稿日2016/01/07
kurumakirei_012

謹賀新年 

投稿日2015/12/22
kurumakirei_

チェーン規制

コラム一覧へ
板金・塗装・修理工場をスマホからいつでもどこでもすぐに探せる♪
『車キレイ』の 公式facebook ページはこちら♪

SSLとは?