自動車の歴史

自動車が誕生したのは1769年、日本はまだ江戸時代だったそうです。 ヨーロッパでは馬車が人や荷物を運ぶ主な道具であった時代に、フランスで、ニコラ・ジョセフ・キュニョーにより、蒸気で走る自動車が発明されました。 この初めての自動車 は、軍隊で使われる大砲運搬のために造られた重くて大きな車体で、スピードは10km/h以下だったといわれています、人が歩く速度が4~5㎞なのでかなり遅い車ですね・・・ このクルマは、走行実験中にハンドルを切り損ねて壁に激突してしまったといわれています言わば、世界初の交通事故ということですね。

30Z やっぱりかっこいい

P9180008

私事ですが・・・

先日、取引先にて30Z発見!!!

きっと、私より長生きしている車ですね、何人もの『鈑金職人』に直してもらって来たんでしょうね???

販売から40年くらいは経つ車ですがこの良状態、『鈑金職人』さんの技には天晴れです!

これからも何人もの『鈑金職人』技で直され行くのでしょうね !?

しかしカッコイイ車です・・・

車好きには目にとまる一台ですね・・・。

鈑金と板金はなにが違う??

こんばんは。

今日お客様のところで、車のキズ・凹みの修理工場の表現を鈑金と板金で表現しているのは何が違うか知ってる?という話になりました。

 

そこで、私なりに調べてみました。

現代の辞書(大辞林)で調べても、鈑金=板金で同じ意味をあらわすとなっております。

 

ですが、戦前は という字は『金属を表す』、板という字は『木を表す』とされており、

 

建築屋さんは木材を扱うので『建築板金

自動車修理屋さんは金属を扱うので『自動車鈑金

とされていたそうです。

 

現代の当用漢字表には『』という字はありません。

現在、常用漢字にもないので、学校では習わない漢字となるそうです。

戦前に同じ読みの漢字があったので、戦後に統一されてしまったという形になるような感じなんでしょうか?

 

昔からある、修理工場とか、伝統のある修理工場で修行していた人は、この『鈑金』という字にこだわっている人が沢山います。

 

自動車産業で成長した日本なのに自動車で使われる『鈑金』が常用漢字から消えたのはちょっとさみしいですね。

 

パソコンの検索も常用漢字の『板金』で検索されるのが、主流ですので、仕方ないですが、お店の看板は『○○鈑金』で記載しているところもありますので、こだわりの会社を探すにはちょっといい目安かもしれませんね。

 

 

 

 

車キレイを始めた思い

はじめまして。

自動車、板金塗装様をご紹介する専門ポータルサイト車キレイをこの度、スタートさせて頂きました。

この、サイトを始めた経緯をちょっとお話したいと思います。

 

私自信、過去に自動車板金塗装業で社員で働いていたことがあります。

私が20代の頃(かれこれ18年前)は車好きにとっては、あこがれの職業でもあり、とても活気のあった時代でもり、全塗装、カスタム等の仕事や、事故車両の修理など、どこの板金塗装業者さんも忙しく活気あふれる時代で『いつかは独立』と野心を持って働いている人も沢山いる業界でした。

 

その後、訳あって、その仕事を離れ、現在、別の仕事で板金塗装業の方々とお話をする機会が多く、私の働いていた頃とは全く違う現実を見ました。

・自動車ニュースでも出る、若者の車離れ

(自分が20代の頃はかっこいい車じゃないと、女の子にモテなどの下心もあり、無理していい車に乗っていた。)

・自動車板金塗装という看板を見ても何の仕事をしているかわからない。

(知名度の低下、認知度の低下)

・自動車という物に対しての価値観の違い。

(人生で、家の次に高い買い物なのに、消耗品として扱うため、ぶつけても走行に支障がないならそのままで乗っている)

・若者があまりいない

(18歳などの働き手を見かけない)

 

などなど・・・

 

板金塗装業者様と話をしていて、自分なりに危機感を感じました。

 

『ものづくり日本』『自動車産業日本』

確かにそう言われていた時代もあったかもしれません。

 

現在は、そんなさまざまな伝統的な仕事が注目度が低下し、後継者問題などで、自分の知らないところで、消えていくのも、ニュースなどで目にします。

 自動車板金塗装という仕事は

・自動車のぶつけたりした、破損部分を自動車をハンマーなどを使い凹みを修正する素晴らしい技術が『鈑金作業』。

・その部分をわからないように、パテで成形し、元通りの形にし、1台1台、同じ色でも環境によって、色が違うので、それを色を長年の経験で調色してきれいに塗装するのが『塗装』

 

どれもまさに『手に職』の職人技です。

 私が思うに自動車をぶつけて、直すには自動化は現実問題絶対に出来ないと思います。

 

こんなニュースをお客様から聞きました。

ある地域で自動車メーカーさんが小学生を対象に自動車の修理、塗装を経験させる場を作ったのだとか・・・

 

これをお客様と話しているときに、こんなことを言われました。

・自動車を持っている人には欠かせない、仕事でもある、板金塗装業は現在の平均年齢は年々高くなり、もしかしたら、20年後は現状の半分になってしまうかもしれないかもね。

 

私自身も同感でした。

 このままではいけない!!

絶対になくしたくない、なくなったら、困る!!

この素晴らしい仕事をしている会社が皆様のご近所に存在することを是非知ってもらいたい。

その近所の板金塗装屋さんは一般のお客さんも歓迎しているのを知らない人もいるから歓迎なのを知ってもらいたい。

もっと、気軽に相談して、大切なお車をキレイに乗ってほしい!!

そして、自動車板金塗装業界をもっと活気ああふれ、若者にこの仕事やりたいと思ってほしい!!

 

そんな願いから、サイトを立ち上げようと思いました。

(あくまで個人的な主観ですので、ご了承ください)

はじめは登録件数も少ないですが、必ず全国の自動車 傷 ヘコミ を直してくれる鈑金塗装屋さんをご紹介出来るようスタッフ一同、日々努力してまいりますので、ちょこちょサイトを覗いてみてください。

 

掲載希望大歓迎です。

宜しくお願いします。

NEWSお知らせ

投稿日2016/02/16

有限会社 伊藤ボデー 様の掲載を開始しました。

投稿日2016/02/16

白山鈑装 様の掲載を開始いたしました。

投稿日2016/02/16

三浜自動車株式会社 様の掲載を開始しました。

お知らせ一覧へ

STAFFコラムSTAFFコラム

投稿日2016/03/07
image2

名古屋オートトレンド2015

投稿日2016/01/07
kurumakirei_012

謹賀新年 

投稿日2015/12/22
kurumakirei_

チェーン規制

コラム一覧へ
板金・塗装・修理工場をスマホからいつでもどこでもすぐに探せる♪
『車キレイ』の 公式facebook ページはこちら♪

SSLとは?